子連れ旅行における移動手段と宿を選ぶポイント!

子連れ旅行で移動手段を選ぶポイント

子連れで旅行となると行先や移動手段、宿と選ぶことにおいていろいろと悩みますよね。子供が騒いで周囲に迷惑をかけてしまったらどうしようか、急に体調を崩してしまった場合はどう対処をしようかなど起きてしまいそうな問題は様々です。ここでは、移動手段に関して押さえておきたいポイントを考えてみましょう。飛行機、電車、自動車の三種類が主だと思います。経験上、生後6か月までの息子を連れての移動は飛行機でも電車でも自動車でも基本的には問題ありませんでした。飛行機の場合は離着陸の際に、気圧が原因で耳がキーンとなってしまうために授乳を行えば問題ありませんし、赤ちゃんなら泣いた場合は授乳という対策ができます。しかし、1歳以上になると騒いだり泣いたり、動きが激しくなるため公共機関よりは自動車を利用して何度か休憩をはさんで、体を動かすことをおススメします。

子連れ旅行においての宿選びのポイント

子連れ旅行において宿選びは大切ですよね。旅行なので子どもは興奮して騒いだり夜泣きをしてしまう可能性も考えれます。また、備品を壊してしまわないか、離乳食を温めることができる設備やミルクを作ることができる設備が整っているか、子どもが遊ぶスペースはあるのかなど色々と考えますよね。経験上、月齢別に宿の選択は変化すると思います。赤ちゃんの場合は、離乳食やミルク、おむつの処分をしやすいホテルがいいでしょう。さらに、1歳以上となると騒ぐ可能性もありますので、旅館よりも壁が厚いホテルなどをおすすめします。そして、「赤ちゃん大歓迎」という文字を掲げるホテルは、子連れ家族が多いため気兼ねなく利用することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です