節約しながら楽しみたい!工夫しながら実現する旅行

交通手段を厳選しよう

費用を抑えながら旅行をしたいなら、交通手段について情報収集を行うことが大切です。お得な価格で利用できる交通手段はたくさんありますので、重点的に調べましょう。JRでは、普通列車や快速列車が一日乗り放題になる青春18きっぷを販売しています。春季や夏季、冬季に使用期間を限定して販売していますから要チェックです。年齢制限はありませんので、社会人も利用できます。また、新幹線の自由席は、回数券を購入すると割安になりますからお得です。さらに、高速バスは大幅に交通費を節約できる交通手段です。深夜に運行される高速バスならば、宿泊費を削減することも可能です。さまざまな路線が見受けられますから、高速バスの情報を詳しく調べましょう。

お得な情報を念入りにチェック

旅行の計画を立てる時は、早めに観光地を決めましょう。目的地が決まったならば、重点的にインターネットで情報を集める方法がおすすめです。なぜなら、宿泊施設や飲食店、レジャー施設などでは、お得なクーポン券を発行している場合があるからです。ホームページに記載されているクーポン券をプリントアウトして持参する方法は、とてもお得ですから忘れずにチェックしましょう。宿泊費が割引になったり、飲食店でデザートを提供されるケースもあります。レジャー施設の入場料が安くなるサービスも見受けられます。さらに、観光地を紹介しているホームページも要チェックです。安くて美味しい特産品などを載せているからです。観光地の情報は念入りに調べましょう。

節約したい人におすすめ!近場への旅行のメリットとは!?

気軽に出掛けられる!

「旅行」という言葉からは、遠くへ出掛けるというイメージがありますよね。「海外旅行」は代表的な存在です。そのため、旅行に着て行く服をはじめ、帽子やバッグを購入するなど、事前準備にお金を掛けることも多いのではないでしょうか。髪の毛をカットしてキレイにする人もいますよね。もちろん、旅行のときだけ特別意識する必要なはいのですが、どうしても気合が入ってしまいがちです。その点、近場だと気軽に出掛けられますね。車を利用すると、普段着&スッピンでもOK!道中で知り合いの人に出会わなければ、格好を気にしなくても済みます。近場の観光スポットは自分が知らないだけで、意外と多いものです。そのため、時間があるときなどに確認してはいかがでしょうか。

お金を使わずに済むことも!

近場への旅行だと、お金を使わなくて済むこともあります。1日掛けて旅行に出掛けることも選択肢のひとつですが、半日で往復できる観光スポットを探すと限られた時間を有効活用できますよね。昼食や夕食の時間を避けて出掛けると、外食代を浮かすこともできます。もし、それが難しい場合はお弁当を持参する方法もあります。飲み物が欲しくなることもありますが、ペットボトルにお茶を入れて凍らせたものを持っていくと、飲み物代の節約にもつながりますね。また、旅行に出掛けるときを親しい人に話していない場合は、お土産を買わずに済ませられます。ただし、電車を使うときは切符代、車を使うときはガソリン代が必要ですが、それくらいの出費は良し!としましょう。

子連れ旅行における移動手段と宿を選ぶポイント!

子連れ旅行で移動手段を選ぶポイント

子連れで旅行となると行先や移動手段、宿と選ぶことにおいていろいろと悩みますよね。子供が騒いで周囲に迷惑をかけてしまったらどうしようか、急に体調を崩してしまった場合はどう対処をしようかなど起きてしまいそうな問題は様々です。ここでは、移動手段に関して押さえておきたいポイントを考えてみましょう。飛行機、電車、自動車の三種類が主だと思います。経験上、生後6か月までの息子を連れての移動は飛行機でも電車でも自動車でも基本的には問題ありませんでした。飛行機の場合は離着陸の際に、気圧が原因で耳がキーンとなってしまうために授乳を行えば問題ありませんし、赤ちゃんなら泣いた場合は授乳という対策ができます。しかし、1歳以上になると騒いだり泣いたり、動きが激しくなるため公共機関よりは自動車を利用して何度か休憩をはさんで、体を動かすことをおススメします。

子連れ旅行においての宿選びのポイント

子連れ旅行において宿選びは大切ですよね。旅行なので子どもは興奮して騒いだり夜泣きをしてしまう可能性も考えれます。また、備品を壊してしまわないか、離乳食を温めることができる設備やミルクを作ることができる設備が整っているか、子どもが遊ぶスペースはあるのかなど色々と考えますよね。経験上、月齢別に宿の選択は変化すると思います。赤ちゃんの場合は、離乳食やミルク、おむつの処分をしやすいホテルがいいでしょう。さらに、1歳以上となると騒ぐ可能性もありますので、旅館よりも壁が厚いホテルなどをおすすめします。そして、「赤ちゃん大歓迎」という文字を掲げるホテルは、子連れ家族が多いため気兼ねなく利用することができるでしょう。

夏休みを満喫しよう!夏に行きたい旅行スポット

綺麗な海で海水浴をしよう!

夏といえば海ですよね。海水浴をして夏を満喫したいでしょう。そこで夏の旅行のスポットとして挙げられるのが沖縄です。沖縄には綺麗な海があり、砂浜も美しいですから、海水浴には最適のスポットなのです。綺麗な海であることのメリットとして、多くの魚が生息していることが挙げられます。どんな魚が泳いでいるのかを知りたい方はスキューバーダイビングを楽しむのも良いかもしれません。沖縄の海を楽しむ方法は、もう一つあります。それが夕景です。綺麗な海の向こう側に沈んでいく夕日を眺めながら、その日の楽しかったことを振り返ってみるのも夏の旅行を満喫するための方法でしょう。夏を沖縄で過ごせば恋人との距離も縮まるかもしれませんね。

夏の北海道にも楽しみがある!

北海道といえば冬のイメージですよね。しかし、北海道の楽しみ方は冬だけでなく、夏にもあることをご存知でしょうか。夏の北海道の観光名所の一つとして挙げられるのがラベンダー畑です。北海道は土地が広い分、畑の面積も広大なものがあります。それを利用して作られたラベンダー畑は言葉を失ってしまうほどの衝撃を受けるでしょう。花が好きな女性であれば、テンションが上がることは間違いありません。夏の北海道の楽しみは他にもあります。北海道は牧場も豊富ですから、馬と触れ合えたり、牛の乳搾りを体験できる場合もあります。また牛乳も生産していますから、ミルクの濃厚なソフトクリームを楽しむこともできるでしょう。他にも北海道で生産されたメロンを楽しむこともできます。

楽しく旅行出来る!?ぶらりのんびり鉄道旅行

鉄道旅行の魅力とは何か

鉄道旅行の魅力とはなんと言っても、流れ行く車窓の景色をゆったり眺めながら旅に出かけられるという点にあります。近くに旅行に行く場合でも、ゆっくりと鈍行に揺られながら行くことで、その地域の魅力を再発見できることでしょう。長距離の場合には寝台列車などを活用して出かけることで、旅行もより一層楽しい物になっていきます。鉄道旅行はフリーきっぷをうまく組み合わせることで、好きな地域を好きなだけ周ることが可能です。特急列車を使ったスピーディな旅行から、快速列車や普通列車などで気軽に出かけられる旅まで、鉄道旅行の楽しみ方や旅程は人それぞれですから、あなたの好きな方法で楽しみましょう。素晴らしい出会いや景色が待っています。

格安で行ける鉄道旅行

鉄道会社の中には、日本全国の区間を周ることが出来る切符を用意しているところもあるので、それを使えば日本横断の旅や日本縦断の旅に出かけられます。鈍行のみで行く場合には、それなりの日数が必要となりますが、ゆっくりと目的地に向かっていき、到着した時には喜びも一層大きいものとなることでしょう。学生さんから高齢者まで、どの世代でも楽しめるのが鉄道旅行の魅力ですから、人とは違った方法で旅行をしてみたいと思っている方や、国内や海外の旅行先にはもう行き尽くして行く場所がなくなったという方は、誰でも気軽に楽しめる鉄道旅行に出かけてみるのも良いでしょう。常に変化し続けている車窓を眺めていけば飽きることなく旅行が楽しめます。